着うたの著作権について

ポイント

音楽や動画をパソコンや携帯電話で楽しむ際には、著作権に注意しないといけないという認識が定着してきました。

数年前までは、ファイル共有システムを利用して、音楽や動画を無料でダウンロードできる機会も多くありましたが、これは著作権違反に該当します。
最近は、著作権団体がマスメディアを通じて警鐘を鳴らしたので、ユーザーの著作権保護に対する意識も高くなったのではないでしょうか。

着うたに使用されている音楽にも著作権が生じます。
ですので、無断で音楽を提供するサイトも、著作権を侵害しているサイトから音楽をダウンロードすることも違法です。

もちろん、ユーザー自身が着うたサイトからダウンロードした音楽を、インターネット上にアップロードする際には注意しないといけませんが、中には着うた配信サイト自体が、著作権を侵害しているサイトもあります。

著作権を正しく取り扱っているサイトは、サイト内で提供されている全ての楽曲において、利用許可を得て、楽曲にかかる著作権料を、日本の著作権を一括して取り扱っている著作権団体に支払っているのです。

安心が一番

安全な着うたサイトかどうかを見分けるのは、面倒ですが、着うた配信サイト内を確認して、著作権を正しく扱っているのか確認すると安心です。
日本レコード協会は、正規の安心できるサイトを区別するために、エルマークという商標を掲げています。

着うたを利用するときには、優良なサイトを利用しましょう。